オリジナル曲: 「Synchronicity (Original Mix)」

久々のオリジナル曲(progressive house)です。deadmau5やGlenn MorrisonふうのPluckを作ったので勢いで1曲仕上げてみました。大枠を2時間弱で作って後日修正しようと思っていたのですが、結局ほとんどそのまま完成としました。

全体的に音数も少なくシンプルな曲調です。DrumとFX以外では、Pluck、Lead(メロディ)、Seq(キラキラ)、Pad(2種)のみです。Bassがありません。Padは同時には使用していないので、最大で同時に鳴っている音は3種類ですね。

『Astral Pulse 〜 東方星脈動』&『wired』の特設サイトをオープンしました!

東方アレンジCD『Astral Pulse 〜 東方星脈動』ゲーム音楽アレンジCD『wired』の特設サイトをオープンしました。

M3-2009秋(10月11日)で、これら2枚のアルバムを頒布致します。スペース番号はC15となります。ぜひお立ち寄りください。

また、何人かの方からお問い合わせを頂きましたが、委託販売も予定しておりますので、イベントにお越しになれない方もぜひご利用ください。詳細につきましては後日アナウンスしたいと思います。

東方アレンジCD『Astral Pulse 〜 東方星脈動』(TRICHROMATIC)
東方アレンジCD『Astral Pulse 〜 東方星脈動』特設ページへGO!!

ゲーム音楽アレンジCD『wired』(TRICHROMATIC)
ゲーム音楽アレンジCD『wired』特設ページへGO!!

ラーメン: らーめん弁慶 門前仲町店

らーめん弁慶 チャーシューメン

久しぶりに「らーめん弁慶 門前仲町店」へ行ってきました。小生のもっとも好きなラーメンは辰巳屋(藤沢市)なのですが、そこと方向性の同じ背脂豚骨醤油のラーメンです。所謂ホープ軒に代表される東京の豚骨醤油ですね。
昼時ということもあり1階は多少の行列ができていましたが、2階は席がありましたのでテーブル席へ。そして迷わずチャーシューメンを注文、その他に餃子とライスも。

らーめん弁慶 餃子

ラーメンがテーブルへ運ばれてきてまず気になったのが背脂の量です。以前に比べてだいぶ少ない気がします。そしてスープを一口。やはり自分はこの味が一番好きなんだなぁ、と改めて感じました。ただ弁慶は辰巳屋と異なり味のコクというよりも塩分が前に出てくるのでそのあたりが残念です。とにかくしょっぱい。もう少しこのしょっぱさをおさえればもっといい味になると思うんですけどねぇ。

チャーシュー(正確には煮豚)はかなり薄切りで量も少なめ。ただ食感と味は良好です。因みにこのテの味のラーメンのチャーシューは脂身が多めのバラ肉を柔らかく煮込んであるものを使用するのが通例で、一般的な叉焼や焼豚とは多少食感が異なります。麺はやや縮れた中太麺でスープとの相性も良いです。
辰巳屋では必ず最後のほうにニンニクを大量に入れてスープを飲み干していたのですが、さすがにこのしょっぱさなので健康も考えてスープは飲み干しませんでした。
少し小さめの餃子は生姜の味が強めですがまぁ一般的なものです。

それにしても2階はカップルや家族連れがほとんどだったのですが、どの家族も子供がすごい。赤ん坊から幼稚園くらいの年齢。個人的には小さな子供にはこのラーメンは食べさせたくないですねぇ。子供が高校生くらいで自分で食べに行く分には構わないですが。

ラーメンの好みは人それぞれなので、らーめん弁慶の味は両極端に好みが分かれると思います。小生のようにハマる人もいれば、気分が悪くなって食べられない人も多いでしょうね。世間では絶賛されている支那そばのちばき屋もスープはぬるいし、麺の湯切りは中途半端で小生の好みではないですし、これまた人気の天下一品も粉っぽいスープが小生の好みではありません。

久しぶりにこのテの味のラーメンを食べてきたわけですが、今日食べてきたにも拘らず、もう今食べたくて仕方ないです。あぁ、ちばき屋じゃなくてこのテの味のラーメン屋が近所にあればなぁと思うのです。弁慶は通信販売も行なっているようなので試しに取り寄せてみようかしら。

ラーメン: 「麺処 田ぶし」のお取り寄せラーメン

「麺処 田ぶし」のラーメン

最近、通信販売でラーメンを買う機会が増えました。近くにおいしいラーメン屋があればいいのですが、自分好みの店が少ないので通信販売には結構期待を寄せています。

そんなわけで今回試してみたのは「麺処 田ぶし」のラーメンです。
スープは魚介と豚骨ですが魚介のほうが味は強く、それなりに濃厚な味です。麺はストレートの中太麺でもちもちした食感がやはりスーパーで売られている生麺とは一線を画します。

追加の具材

具材は別売りなので今回は自分で具材を作りました。
まず写真1枚目が焼豚、アスパラ、ネギ、味付け玉子、海苔、追加で写真2枚目のようにアスパラとえのきです。アスパラとえのきは生のまま更に並べ、ラップをかけてレンジで加熱すればOKです。量を食べたいけどカロリーも気になる方はきのこ類で増量するのがオススメです。

「麺処 田ぶし」のラーメン

写真3枚目は挽肉・アスパラ・チンゲンサイの炒め物、白髪ネギ、味付け玉子、海苔です。挽肉・アスパラ・チンゲンサイの炒め物は軽く塩で軽く味付けし、少量の胡麻油で風味付けしました。胡麻油が多すぎるとスープの味が分からなくなるので少量が良いと思います。

味付け玉子

最後に簡単な味付け玉子の作り方です。
まず玉子を茹でます。火力にもよりますが、1枚目や3枚目の写真のようにほどよく固まった半熟の場合は7分くらい、もう少し半熟が好みの場合は6分半くらいが目安となります。
味付けは好みにもよりますが、小生の場合は醤油、白だし(または顆粒の鰹だし)、砂糖、塩、ごま油をそれぞれ適量まぜたものを使用しています。
茹でた玉子の殻をむき、タッパー、皿、ビニール袋などで前述の味付け調味料と混ぜます。10〜20分も置いておけば充分です。

注文については初めての人限定の送料無料のお試しセットもありますし、頻繁にセールもしているようですので気軽に注文しやすいです。

この商品をショップで探す

猫動画: リラックスしすぎな猫

アビシニアンのカミュ(月齢13ヶ月/♂)とピート(月齢11ヶ月/♂)です。
メインで映っているのがカミュ、小さいほうがピートです。

YouTubeもサムネイル画像を指定できるといいんですけどねぇ。昔はできたらしいですが、今はパートナーじゃないと無理なのかな?
BGMはTRICHROMATICのwired (Original Mix)です。

撮影: SONY HDR-SR12
編集: Apple iMovie

ニコニコ動画はこちら